体験談

暖かくて空気がきれい。本物の居心地の良さを手に入れました。

2度目の家づくりは居心地の良さを最優先に

この新居は、私たちにとって2度目の家づくり。約30年前に建てた旧宅は、冬場の寒さが悩みのタネでした。そこで今回は、「本当に居心地のいい家とは?」ということをじっくり考えたんです。あちこちのモデルハウスを見学する中で出会ったのがワカバハウスさん。床暖房のふんわりした暖かさに包まれ、つい長居する見学者がたくさんいましたね(笑)。

さらに、清浄な空気、シックハウス、断熱工法などを学べる「つくばマイホーム学院」もとても役立ちました。長年蓄積してきた技術や知識があるから、地元で信頼されているんですね。

居間
床暖房だけで家中あったか。他の暖房器具は必要ナシ!

モデルハウスに感激したので、我が家でも迷わず24時間蓄熱床暖房を入れました。床下に床暖房配管を通す工事を実際に見せてもらったところ、非常に頑丈で地震でも破損する心配がないと納得できました。

実際の住み心地は、体をやさしく包む温もりに大満足の一言です。以前は石油ストーブ、電気ストーブ、エアコン、こたつなど暖房器具を総動員していましたが、今は一切使っていません。マフラーに厚手の靴下など、室内用の防寒着も不要。しかも、室内、廊下、トイレ、洗面所など家中どこも同じ温度なので、戸を開け放しておくことができます。ネコが家の中を自由に歩き回り、暖かい床に腹這いになってモップみたいに寝ているんですよ(笑)。

家中あったか
暖かさプラス安心感に包まれ、きれいな空気に植物もイキイキ!

暖かい家のメリットは、住み心地だけではありません。まず、ストーブ用の石油を買いに行ったり、寒い中で給油したりする手間がなくなりました。外出先で「ストーブ消してきたかな?」と不安になったり、火事の心配をすることもありません。これから先、年をとっても安心して暮らせるのでホッとしています。

ほかにも、臭いがして換気もしなければならない石油ストーブと違い、今は室内の空気がきれいなまま。そのせいか観葉植物が良く伸びて、葉の色も良くなったみたいです。また、暖かい空気が2階に上がるので、吹き抜けに洗濯物を干すとすぐ乾きますよ。

吹き抜け
希望をかなえた抜群の収納力、間取りにも工夫が満載!

間取りや動線は、私たちの希望をかなえつつ、ワカバハウスさんからもいろいろ提案してくれました。

要望したのは、タンスを置く収納部屋、台所のパントリー、壁一面の大きな靴入れやクローゼットなどです。提案していただいたのは、2階廊下に水槽用の水道を引く、和室には掘りごたつ式に腰掛けられるパソコンスペース、本棚を置く部分を板敷きにする、広いウッドデッキをつけるなど。また、娘の部屋と収納部屋の仕切り壁にドアをつけ、将来的に続き間として活用できるようになっています。

2度目の家づくりは、ワカバハウスさんのおかげで満足できるものとなりました。自分でよく見て、聞いて、考える。それが成功の秘訣ですね。

満足の我が家