こだわりの家づくり

少ないエネルギーで快適な温熱環境

効率よく熱を反射する遮熱材、高性能断熱材など優れた断熱資材やLow-Eアルゴンガス入り断熱樹脂サッシを使った、 高気密高断熱の外張り遮熱断熱、2重屋根遮熱断熱工法などにより少ないエネルギーで全室の冷暖房が可能となりました。

寒い冬も、24時間蓄熱床暖房で、夜のトイレも苦にならない家中温度のバリアフリー。

真夏の暑さも1台のエアコンで家中、除湿冷房の省エネ住宅。

地球温暖化、原発事故、化石燃料の殆どを輸入に頼るエネルギーコスト、日本の住まいを考えると、今の断熱基準も無暖房住宅に近い断熱性能を求める時代もそう遠くないと思います。

また、これからの住まい造りは、将来断熱リフォームが簡単に出来る工法や工夫が必要と考えます。

温熱環境

住まいの長寿命化の工夫

日本の住宅寿命は統計では30年と言われていますが、昔の木造住宅は、100年、200年と住み継がれている家は沢山あります。

使われている柱の太さや梁の大きさでは昔の木造住宅にはかないませんが、大きく違う所は、戦前の住まいは、使われている木材が殆ど目に見えますが、 現在の住まいは、柱の外側にはサイディング室内側は仕上材のビニールクロス、壁の中には断熱材が入れられています。

壁内で結露が起こればカビが発生します。湿度か多ければ白蟻の食害や腐朽が心配になります。

木造住宅の長寿命化のためには、木材の乾燥と調湿作用を活かすため、断熱材は柱の外側に、内側の仕上材は調湿性のあるシックイや珪藻土、板張りなど自然素材を使い、 壁の中の空気は24時間換気システムのきれいな空気の通気層とすることで、壁内結露やカビとは無縁の遮熱外断熱、壁体内通気換気システムは長寿命健康住宅の基本仕様です。

長寿命化

体に優しい空気環境

私達は人生の半分以上の時間を住まいの中で過ごします。

きれいな空気にこだわり、仕上材も和紙、ケナフ紙、シックイ、杉板張りなどの自然素材やマイナスイオン優位の空気環境をつくるために、 炭素埋設、セラミックカーボン塗料、SODリキッド処理などにより、森林浴をしているかのような清清しい空気環境を実現。

いやしろ炭・SOD・セラミックカーボン