長期優良住宅

長期優良住宅とは

一般住宅に比べ、長期間の耐久性、高い耐震性、省エネルギー性能など7つの認定基準が満たされ、住宅の構造や設備が長期間良好な状態で使用できる住宅。

優良住宅図

長期優良住宅のメリット

補助金制度(木の家整備促進事業)

 地域資源活用型対象住宅の場合・・・120万円

 一般型対象住宅の場合・・・・・・100万円

所得税等の優遇

 所得税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の軽減

住宅ローンの優遇

 ・フラット35S・・・当初10年間の借入金利の年1%の優遇と11年目〜

  20年目までの金利について、年0.3%の優遇を受けることが出来る制度

 ・フラット50・・・最長50年間の長期固定金利の住宅ローン

長持ちする住まいづくりのために

住宅づくりのすすめ

 ‖儺彑に優れた、維持保全の容易な住宅づくり 〜床下・小屋裏の換気、防腐防蟻等〜

◆\瀏の更新性に優れた住宅づくり 〜点検・交換が容易な設備配管〜

 将来の変化に対応できる住宅づくり 〜可変性の高い空間、居住面積の確保〜

ぁ‖竸明に優れた住宅づくり 〜バランスのよい耐力壁の配置〜

ァ|狼經超に配慮した住宅づくり 〜省エネルギー性・快適性の向上〜