HOME > 住みごこち体験談 > 体験談 -水戸市I様邸-

体験談

暖かさと便利さを叶えた家 -水戸市I様邸-

周遊性のある間取りで子どもたちがのびのびと駆け回っています

宿泊体験から土地探しまで納得と信頼の家づくり

ご結婚後にアパート住まいをされていたI様ご夫妻。新築のきっかけは、お子様のために広い空間が欲しいと考えたことです。アパートの寒さに悩んでいたこともあり、「暖かい家」を最優先に家づくりを検討されました。
「ワカバハウスさんで宿泊体験をしたところ、全く冷えを感じず、心地よい暖かさを体感できました。朝起きた時の空気もきれいに感じましたね」とご夫妻。夏にも宿泊体験をして、納得いくまで住性能を確認できたのが好印象だったといいます。「土地探しにも苦労していたのですが、最終的にワカバハウスさんに条件に合う土地を紹介していただき、とてもありがたかったです」

快適な大空間があるから家の中でものびのび遊べる

プランづくりでご希望されたのは、周遊性のある間取り。1階は、オープンなキッチンと吹き抜けのあるリビングを中心に、開放感あふれる大空間が広がります。2階の窓からも明るい日差しが降り注ぎ、抜群の心地よさです。
リビング階段の下はお子様のプレイスペースになっており、まるで秘密基地のような楽しさがあります。「家中の温度が一定なのでドアを開け放して生活することができ、子どもたちがキッチンの周りで追いかけっこをしたり、おもちゃのカートに乗って駆け回ったりして、家の中で遊びの幅が広がりました」とご主人。元気なお子様の姿に、何より幸せを感じていらっしゃるようです。

家中に収納が充実し子育て期もすっきり暮らす

I様邸は収納が充実しているのも特徴です。「使う場所の近くに収納があれば便利だと思い、たくさん作りました。子どもが成長すればもっと物が増えていきますが、今のところは十分余裕があります」と奥様。広い玄関たたきにはベビーカーや外遊び用のおもちゃを置くことができる上、大きな靴箱、さらに保育園のバッグや洋服、ストック品などをしまえる収納もあり、玄関周りはスッキリした印象です。また、キッチン収納やパントリーも大容量。趣味で集めたたくさんの陶器を、大切に仕舞われています。2階の廊下沿いに設けたストリート収納は、普段あまり使わない布団など大きな物を入れ、便利に活用されています。

家族みんなが幸せになる暖かい我が家

在宅で仕事をされている奥様にとって、仕事部屋は大切な空間。こだわりを詰め込んだ書斎は、一番のお気に入りの場所になりました。さらに、子育て環境の面でも新居に満足されています。「冬でもトイレが寒くないので、子どもがすんなり行ってくれます。お風呂上がりになかなか服を着ない時も、この家なら慌てなくても大丈夫ですね」
エアコン1台で、夏は涼しく冬は暖かい住まい。いつも快適な温度・湿度が保たれ、帰宅した瞬間に住性能の高さを実感するというご夫妻。ご主人は、「冬に友人を招くときは、ヒートテックを着てこないように必ず話すんですよ(笑)」とのこと。念願の「暖かい家」が実現し、ご家族4人を優しく包み込んでいます。