HOME > 住みごこち体験談 > 体験談 -水戸市N様邸-

体験談

住性能の高さを実感する家-水戸市N様邸-

一年を通して理想的な室温&湿度が保たれています

国内トップレベルの住性能と家づくりに注ぐ気概が決め手

お住まいとご主人の仕事部屋、2つの賃貸物件を使用されていたN様ご夫妻。家賃を払い続けるよりも、資産となる家を持とうと新築を決意されました。いろいろ調べるうち、低燃費な家に魅力を感じたといいます。
「夫婦揃って寒がりなので、一年中Tシャツ、裸足で過ごせるくらい暖かい家がいいなと話していました。どの住宅メーカーも暖かさをウリにしていますが、その根拠が分かりません。そこで、家の性能を示すUa値(外皮平均熱貫流率)を比較してみたところ、群を抜いて数値が高かったのがワカバハウスを含む2社でした。性能が国内トップレベルであることに加え、社長さんの人柄と家づくりに注ぐ気概に魅力を感じ、ワカバハウスさんにお願いすることに決めました」

回遊動線で無駄なく便利に!通り抜けできるクローゼット

ご夫妻は、ゆっくり時間をかけ、ていねいにプランを固めていきました。なんと奥様が手作りされた家の模型があり、屋根を外せば邸内を俯瞰できます。
「提案していただいた間取りをベースに、リビングやクローゼットの広さ、階段の位置などを変えています。とくにこだわったのは動線で、無駄なく便利に暮らしたいと思い回遊動線にしました」
とても便利なのが、玄関からリビング、水回りをつなぐ、通り抜けできるクローゼット。洗面脱衣室で洗濯・乾燥したものをすぐ仕舞い、出かける時もここですぐ着替えることができます。

開放感あふれるリビングと独創的かつ集中できる書斎

ご夫妻にとって最も大切な場所であるリビングは、南に面した大きな窓から明るい陽射しが降り注ぎ、吹き抜けが抜群の開放感を生んでいます。この開放感を満喫しつつプライバシーを守れるよう、カーテンではなくバーチカルブラインドを選択しました。
リビングに連続した小上がり空間もおしゃれ。高さが30センチあるのでベンチのように腰掛けたり、戸を閉めておこもり部屋としたり、多目的に活用できます。
2階にあるご主人の書斎は、独創的な空間です。「アイディアがわきやすいという東南向きにデスクをレイアウトしました。また、昼間は自然光だけで仕事ができるよう採光窓を設置。ワカバハウスさんのご提案で、天井には高低差をつけました。ヨーロッパの美術館に倣ったもので、天井が低いと作業に集中できます」

冬でも裸足が心地よい期待通りの室内環境

住み心地を伺うと、「冬に裸足で過ごしても、床の冷たさを感じません。お風呂あがりに裸足で寝室まで行くのですが、無垢の床の感触が気持ち良いですね」と、期待通りの暖かさに大満足のご様子です。
「この家の価値が一番わかるのは、温度と湿度です。一年を通して室温25度、湿度50パーセントをキープするのが目安。リビング、寝室、書斎のデータを1時間毎にモニタリングしています。電気代がかからない家、暖房を使わず住める家が実現したか、実験しているような感覚です」とご主人。我が家の性能と住み心地を、日々楽しんでいらっしゃいます。